IMC 2014 Tokyo

the final banquet IMC2014

ニュース ↓

At the 2014 IMC Hiroki and Setsuko Morinoue discussed the possibility of hosting the next conference in Hawaii, since that location offers good support for Japanese artists and craftspeople who may have have language and cultural barriers to face during the first trip outside Japan.
We approached Prof. Charles Cohen at the University Hawaii Manoa and the Honolulu Printmakers’ Executive Director Duncan Dempster to support the Conference as Site Co-Chairs on the island of Oahu, since this event will be hosted by IMC2020 Hawaii Local Committee under the Donkey Mill Art Center, on the island of Hawaii, “the Big Island.”
The key players on Oahu and Hawaii as well as many dedicated individuals are lining up as we move forward. We are very excited to collaborate and willing to work hard to make this event a success and to celebrate across the state.


Hiroki and Setsuko Morinoue with April Vollmer and John Yamaguchi at IMC 2014

国際木版画会議2014

国際木版画会議2014でヒロキとセツコ・モリノウエは次回の会議の主催地をハワイとした場合の可能性について話し合いを重ねました。ハワイが初めて日本国外へ旅行をする版画家、職人達にとって、言語と文化の障壁がある事を良好に受けとめ支援出来る最適な場所と考えました。この本会議がホノルルで開催する事で、地元実行委員会は、本部をハワイ島の財団法人ドンキーミル アート センター内に特別所属する事で承諾し、ハワイ大学のチャールズ・コーエン教授、財団法人ホノルル プリントメーカーの事務局長ダンカンデンプスターに連絡を取りホノルル現地の副実行委員長を分け持って, 合同協力をお願いしました。
オアフとハワイのキープレーヤーと多くの献身的な人達が、この祭典の為にボランティアとして協力する為に名乗り出ています。 地元実行委員会は、会員全てが、このイベントを州全体で木版画を通し芸術文化の祭典になり、成功をもたらす様懸命に働くことに非常な熱意を燃やしています。